家が出来るまで

 地盤調査

 原木調達

 製材

 墨付け

墨付けでは木の性質を見極めて使う場所・方向を決める。現在はほとんどプレカット(工場/機械加工)なので職人の墨付け技術は途絶えてしまうかも・・・
プレカットは加工が容易だが、人間のように一本一本が違う木材の個性を尊重することはできない。

 地鎮祭

 刻み

 水盛り

水平を計測する。
現在は精密機器で行うのが一般的だが、かつては水を利用していたのでこの名がついた。水面は常に水平を保つので機械がない時代でも正確に計測が出来たのである。

 加工

 地業

家の重さを支える重要な作業。
地面に隠れる部分が特に重要。砕石を敷き詰め地盤を強固にする。

加工②

玄関ポーチに立つ予定の240mm角の柱の加工
樹齢200年を超える天然杉で四方無地の逸品

番付けされた母屋(屋根の垂木を載せる構造材)
研ぎ澄まされたノミ

 建前

内部下地

内部工事

断熱工事

見学会

外部(透湿防水防風シート)

屋根(ガルバリウム鋼板)

ソーラーパネル用金具取り付け

外部工事

内部造作

内部下地工事

外部工事

太陽光発電パネル設置

浄化槽工事

デッキ

建具加工

気密測定

内覧会

完成!

ショールム見学