利根川源流からエネルギー革命を!

利根川源流からエネルギー革命を!
 2015年1月24日25日に開催した「みなかみ地域エネルギーフェスタ」は、2日間で延べ70人の実行委員が参加した。来場者は百数十名と目標を下回ったけれど、盛りだくさんの内容で「地元貢献」と、「みなかみ地域エネルギー推進協議会(略称=みなかみ地エネ)の知名度の浸透」という初期の目的は達成できた。一人一人が役割を担い責任を持って取り組んだこの催しは、個々の実行委員の成長をももたらした。
 引き続き行った2月10日の東京での「地域エネルギーから温暖化を考えよう」は、いわばみなかみ応援団(みなかみ地域外の関係者で構成)が主導・運営したものである。みなかみからは8名が参加者して、全員意見を述べる機会を与えられてそれぞれの思いを広く全国に発信した。この催しもドイツの再エネ問題に詳しい千葉恒久弁護士や、ドイツからヴェッテジンゲン・エネルギー協同組合理事長ディータ・ヘルス氏を招聘しての講演があって盛況だった。特筆すべきは急遽環境省大臣官房審議官中井徳太郎氏が参加し「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト(環境省HP参照)について熱く語ったことである。
 地域の中で地域の資源(自然・ヒト・物・資金)を使い地域の自立を考えて来た私たちは、みなかみ地域にこだわることで世の中の流れや動向に敏感になってきた。感性が研ぎ澄まされ、いわば利根川源流から世の中を知ること考えることを学習してきた。このように地上から天(日本全国)を仰いだ時に、天から俯瞰していた中井審議官たちと焦点があった。奇跡的な瞬間である。
5月10日、みなかみ地エネ第3回総会記念行事を兼ねて、映画と講演会の集い『「~つなげよう、支えよう森里川海」推進市民会議キックオフINみなかみ~「利根川源流のまつりごと、と・・・」』を開催する。キックオフ大会開催先陣の栄誉は秩父(荒川)に譲ったが、首都圏民3千万人の生命線とも言える利根川源流でのこの集いは、いずれ坂東太郎と呼ばれる利根川のような大きなうねりとなるだろう。
 4月16日岸良昌町長へのプロジェクト説明に中井審議官はじめ4名も環境省から来町された。このプロジェクトを環境省と共に推進している一般社団法人場所文化フォーラムの吉澤保幸名誉理事や、みなかみ地エネアドバイザーの竹林征雄氏も駆けつけてくれた。否応が無しに期待の大きさが伝わってくるものだ。その足で地元の自然をよく知る3人にプロジェクトの説明をして10日の登壇を取り付けた。後日、次世代を担う高校生の地域貢献の取り組み事例発表も決定した。「江戸前」に代表される日本のよき文化・伝統、そしてそれを育む循環共生型の地域を復活させてかつ伝え残さなければならない者たちと、それらを受け継ぐ者たちが同じチームを結成する日でもある。
 奇跡は日常となる。

楽天チョイス

「無有の薪」が楽天チョイスに登録されました。インターネットでの買い物をするの簡単で楽しい。楽天のプライム会員になっているほどだ。プリンターのインクも翌日に届いたり、送料無料の商品があったりでお得感があります。でも、売るとなったら大変難しい。HPからは忘れたころに1箱2箱。、という意感じですが、ふるさとチョイスではそこそこ売れています。今回はさらにマーケットの大きい楽天チョイスに掲載されたので、爆発的に売れるかもしれない(笑い)。特筆すべき地場産品として総務省から表彰されるかもしれない・・・・
 お求め(みなかみ町へのふるさと納税)は下記から
https://item.rakuten.co.jp/f104493-minakami/10000053/

◎人と自然のつながりを取り戻す

 「3・11を明治維新・敗戦に続く第3の転換期にしなければ日本という国は世界から取り残されていくだろう」
株式会社りゅういき自然エネルギー設立の呼び掛け文だ。群馬県の利根沼田地域の会社経営者4人で2011年9月に設立し、地域エネルギーを起爆剤として地方創生を目指した。14年に「群馬県みなかみ町・利根川上流部の国・民有人工林を主な供給源とした、木質バイオマスエネルギーによる自然再生と地域経済の融合」のテーマで、資源エネルギー庁の補助事業に採択された。
さらに1カ月後には「環境・生命文明社会構築に向けた利根川上下流の連携~みなかみの生活に根差した文化と地域エネルギーの融合」のテーマで、環境省の地域における草の根活動支援事業にも採択された。
翌年には同事業に連続採択、経済産業省の「省エネルギー相談地域プラットフォーム構築事業」にも採択された。また、りゅういき自然エネルギーが主導して立ち上げた「みなかみ地域エネルギー推進協議会」(会員約130人)に、群馬県とみなかみ町から15、16年に活動資金の補助を受けた。
みなかみ町内外において「みなかみ地域エネルギーフェスタ」などのイベント、省エネ・再エネの広報活動や、実際に山に入った間伐などのフィールドワークを何度となく行った。
その成果を根拠として16年12月、当時のみなかみ町長に「町内に存在する森林資源を、エネルギーとして利用すれば地元林業の活性化(中略)新たな産業の創出つまり地方創生の芽吹きとなります。森林資源を利活用した地方創生のため」にと、町営温泉施設「遊神館」に木質ペレット利用のガス化熱電併給装置の導入を求める要望書を提出した。17年には薪ボイラーの導入提案もした。
今年は「風と水の村」で林野庁関連の補助事業に採択されたので、里山整備とそれによってもたらされる木材のエネルギー事業化を進めている。例えば、ラフティング会社の宿泊施設に170㌔㍗の薪ボイラーを導入したので年間100立方㍍ほどの針葉樹の間伐材を燃料として供給している。さらに、ナラ材のまきのふるさと納税返礼品として採用や、インターネット上での全国販売も目前に迫っている。
 みなかみ町でもゴルフ場・スキー場・ダム開発などで「森里川海」と人のつながりが消えていき、人口減少・高齢化・財政ひっ迫などさまざまな問題を抱えている。しかし、だからこそ森里川海の価値を見直し、人と人、人と森里川海のつながりを取り戻し、地域エネルギーを活用した豊かな恵みを享受できるみなかみ町を創造しなければならない。
私たちは、50年後につながる結果を残せるだろうか。それは50年後の夢をどれだけ多くの人が共有できるかにかかっているのだろう。 
「毎日フォーラム」2018年10月号掲載